ウィーン在住ピアニスト吉澤京子のらくがき帳
by kyoyoshi215
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
About me
ライフログ
モモ&ルナ載ってるよ
ゆる猫びより

5月号で連載終了!
PIANO STYLE (ピアノスタイル Vol.12) リットーミュージック・ムック

兄貴の最新アルバム
JAPAN

Hajime

THE VOYAGE

Echo from Another Side of the Universe

MUSIC FROM THE EDGE OF THE UNIVERSE

マーラー弾いてます。
「それが答えだ!」サントラ・クラシック・ヴァージョン2 マエストロ鳴瀬望~名場面曲集

カテゴリ
全体
らくがき
ねこ
音楽
美味しいもの
街・人・風景(ヨーロッパ)
街・人・風景(日本)
街・人・風景(アジア)
あいさつ
いきもの
病気
未分類
以前の記事
2011年 04月
2011年 03月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
最新のトラックバック
白井晃?
from b-shark.biz
京都観光について
from 年金生活になっても豊かに暮ら..
ウイーンにおける演奏が聴..
from **♪* 今日もいい日 *♪**
お菓子材料 カカオマス
from 簡単料理レシピ【お菓子作りか..
生チョコレート
from 抹茶スイーツ大好き! 【この..
モーツァルトだいすき
from モーツァルトだいすき
シェーンブルン宮殿〔オー..
from ブログで情報収集!Blog-..
ブレヒトとコルンゴルト
from ベルリン中央駅 
kikiちゃん
from +
h a p p y
from m o n o l o g ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

録音

チェリストのトーマスと録音。
曲はベートーヴェン/チェロソナタ第5番とシューマン/チェロコンチェルト第1楽章。
ベートーヴェンは2週間前にクラスコンサートで弾いたけど準備が押せ押せになって
納得のいかない出来になってしまったのが記憶に新しいところ。
今回もかなりぎりぎりになってから引き受けたのでどうなることかと思ったけど
不思議なもので2週間前にうまくいかなかったことがすらすらとクリアできたりして
その心配も杞憂におわりました。ほっ。
特に三楽章のフーガ・・・。弾いた事ある人は「そうそう。あれいやよね~!」とご同意いただけるかと思いますが・・・難しいのですよ。この曲2楽章まではもうすんばらしいのですが、どうして一体ここにきてこのフーガ??と思う展開。
何度弾いてもまだわたしの中では「?」なのです。
a0028065_6274046.jpg
a0028065_6275887.jpg久々にちゃんと録音技師にお願いした録音だったので準備から最終テイクまで5時間の長丁場。全部で60テイクぐらい録ったかな。体力もそうだけど集中力の持続がなにより必要。でもね、なんて言うんだろう。全体をば~っと弾いた後、細かい傷を修復するために部分部分でテイクしていくという作業になるんだけど、なんだかこれでどんな物が出来上がるんだろうって、自分の手を離れたところで作られていく音がほんまもんなのかどうか複雑な気持ちになりました。結局のところ録音技師さんとの「信頼関係」が問われるのでしょうね。自分のための録音というのをいつかするときがあったらその時は誰に頼むかというところから演奏が始まると思わなければいけないな・・・なんてことを考えさせられました。出来上がりを聴いてみないと最終的にはなんとも言えないけど、今日の録音技師さんまだ学生だとのことでしたが、良く聴いてるなと思わせる鋭いご指摘と雰囲気作りの巧みさ、進行の手際の良さなど、少なくとも録音の場での信頼は勝ち取っておりましたね。お見事。
a0028065_6281527.jpg
シフ先生のお宅のスタジオを拝借しての録音でしたが、こちらピアノはBlüthner。何年ものかは知らないのですがかなり年季が入ってます。決してきらきらした華やかな音ではないけれど柔らかな魅力的な音。わたしのベーゼンドルファーもそうだけど最近作られた楽器よりも古い物のほうに魅力を感じるのはどのメーカーにも共通しているように思えるのは偶然?み~んな言ってるけど、ヤマハだって古いものの方が俄然いい!なんでだろ??

ど~っと疲れて帰ってきたけど、明日は
ヴァイオリンの公開修士ディプロム試験。
引き続き練習・・・・。(T_T)

それでもこんな時間(夜中一時すぎです)にブログなんか書く余力があるんじゃんって?
要するにハイになってるんです。結局本番ひとつしてきたみたいなものだから・・・。
猛烈に疲れてるのに眠れないってやつ。
[PR]
by kyoyoshi215 | 2005-11-17 07:43 | 音楽