ウィーン在住ピアニスト吉澤京子のらくがき帳
by kyoyoshi215
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
About me
ライフログ
モモ&ルナ載ってるよ
ゆる猫びより

5月号で連載終了!
PIANO STYLE (ピアノスタイル Vol.12) リットーミュージック・ムック

兄貴の最新アルバム
JAPAN

Hajime

THE VOYAGE

Echo from Another Side of the Universe

MUSIC FROM THE EDGE OF THE UNIVERSE

マーラー弾いてます。
「それが答えだ!」サントラ・クラシック・ヴァージョン2 マエストロ鳴瀬望~名場面曲集

カテゴリ
全体
らくがき
ねこ
音楽
美味しいもの
街・人・風景(ヨーロッパ)
街・人・風景(日本)
街・人・風景(アジア)
あいさつ
いきもの
病気
未分類
以前の記事
2011年 04月
2011年 03月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
最新のトラックバック
白井晃?
from b-shark.biz
京都観光について
from 年金生活になっても豊かに暮ら..
ウイーンにおける演奏が聴..
from **♪* 今日もいい日 *♪**
お菓子材料 カカオマス
from 簡単料理レシピ【お菓子作りか..
生チョコレート
from 抹茶スイーツ大好き! 【この..
モーツァルトだいすき
from モーツァルトだいすき
シェーンブルン宮殿〔オー..
from ブログで情報収集!Blog-..
ブレヒトとコルンゴルト
from ベルリン中央駅 
kikiちゃん
from +
h a p p y
from m o n o l o g ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

お助け嬢登場(cellissimoコンサート)

18時半ホールでのリハーサル。Quirineとのポッパーは彼女のコントロールの行き届いたテクニックのおかげでな~んの問題もなく3分の通しで終了。
Sebastianの伴奏でフォーレの「蝶々」を弾くシフ先生の譜めくりをしていると、一回弾き終わったシフ先生がおもむろに振り向き「これ弾ける?」。

「・・・・試してみましょうか・・・・?(汗)」曲は知ってますけど、弾いたことない。
でも、ま、一回譜めくりしたからざっと目は通ってるし・・・。

初見ぶっつけで弾いた。
「君が初見で弾いたほうが僕が練習して弾くよりマシだから弾いてね!ありがとぉ!」
あらら・・・。3分のお助けマンのはずが3分x2へと変身。
ま、いっか。楽しい楽しい~~(^_^;)
リハーサル室でにわか譜読みをちゃっちゃかちゃとする。なんとかなるっしょ。

Sebastianとの演奏。シフ先生譜めくり中。
a0028065_2132738.jpg

チェロ5重奏。
a0028065_21322746.jpg
楽屋でおと出し中のQuirinea0028065_21324289.jpg
コンサートは盛り沢山の内容。
チェロのオリジナル曲はラフマニノフ・ヴォカリース、ショパン・アンダンテと華麗なポロネーズ、ポッパー・妖精の踊り、フォーレ・パピヨンなどなど・・・・。二重奏、三重奏、五重奏ではパガニーニ、ラヴェル、グルダの曲など。ほとんどがアレンジ物だけどチェロって音域がほんと広いから弾けさえすればなんでも可能!ヴァイオリンに比べてアンサンブルの枠も広い。チェロ好きには堪らないコンサートでしたよ。そして特筆すべきはピアニスト・Polina Leschenko(ポリーナ・レスチェンコ)!リストのスペイン狂詩曲を演奏。彼女の演奏はCDで経験済みだったけどライブで目の当たりにしてとにかくぶっとんだ!新世代アルゲリッチなんて言われることもあるようだけどそれもうなずける。楽屋での彼女の様子は至ってリラックス。・・・というかリラックスを通り越して少々ぼ~っとして座り込んでるか、その辺をふらふらと歩き回ってるかという感じでおよそこれからあんな超絶技巧を披露するとは思えぬテンション。舞台に出て行って座るまでその調子。それがひとたび弾き始めるとピアノそのものへと変身してしまうのである。相変わらずのふらふら~っていうテンションなのにその手から出てくる音はおよそそのテンションとはかけ離れた世界の代物。極限まで脱力に成功している。もしかして頭のなかも脱力~?って訊きたくなるくらい。機会があったら一度聴いてみることをおすすめ。びっくり度は保障します。(残念ながら彼女の写真がないの。こちらがカメラを向ける気になれないくらい彼女のぼ~っとしたふらふら脱力度は凄かったのであります)

コンサートは延々3時間におよびその後のレセプションも延々と・・・・。
結局電車なくなってタクッて帰ったのでありました。
たった3分x2回の登場ではありましたが長丁場でち~っと疲れました。
[PR]
by kyoyoshi215 | 2005-12-12 22:09 | 音楽