「ほっ」と。キャンペーン

ウィーン在住ピアニスト吉澤京子のらくがき帳
by kyoyoshi215
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
About me
ライフログ
モモ&ルナ載ってるよ
ゆる猫びより

5月号で連載終了!
PIANO STYLE (ピアノスタイル Vol.12) リットーミュージック・ムック

兄貴の最新アルバム
JAPAN

Hajime

THE VOYAGE

Echo from Another Side of the Universe

MUSIC FROM THE EDGE OF THE UNIVERSE

マーラー弾いてます。
「それが答えだ!」サントラ・クラシック・ヴァージョン2 マエストロ鳴瀬望~名場面曲集

カテゴリ
全体
らくがき
ねこ
音楽
美味しいもの
街・人・風景(ヨーロッパ)
街・人・風景(日本)
街・人・風景(アジア)
あいさつ
いきもの
病気
未分類
以前の記事
2011年 04月
2011年 03月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
最新のトラックバック
白井晃?
from b-shark.biz
京都観光について
from 年金生活になっても豊かに暮ら..
ウイーンにおける演奏が聴..
from **♪* 今日もいい日 *♪**
お菓子材料 カカオマス
from 簡単料理レシピ【お菓子作りか..
生チョコレート
from 抹茶スイーツ大好き! 【この..
モーツァルトだいすき
from モーツァルトだいすき
シェーンブルン宮殿〔オー..
from ブログで情報収集!Blog-..
ブレヒトとコルンゴルト
from ベルリン中央駅 
kikiちゃん
from +
h a p p y
from m o n o l o g ..
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

盛り沢山だった今日一日

a0028065_1894074.gif
モーツァルトの250歳のお誕生日。
やっぱりまずはご本人とご対面。
そう、楽譜。 
晩に聴くKV488のコンチェルトといくつかピアノソナタを音に出してみた。
たった一人でのモーツァルトとの対話。
250年前の今日、もし彼が生まれてなかったら存在しなかった音たち。
そう思うとその音たちが余計愛しく有難く思えて、モーツァルトが生まれたことに感謝!
a0028065_8351741.jpg
街に出る。シュテファン広場の前に据えられた特設テントはこの3日間のお祭りの案内センター。奥のほうは舞台もあってコンサート、アーティストインタビュー、クイズ、トーク、子ども向けの催し物などが入場無料で朝から晩までぎっしり。(これを書いているたった今はラジオでこの特設テントからの生中継でHugoWolf弦楽四重奏団やOlaf Bärの演奏とトークを流しています)私が行ったときはQuartett Accentoによる弦楽四重奏の演奏がされていました。テントの中なのでMCを使っていて音響的にかなり難があったし、ひっきりなしに人が出たり入ったりしていたので演奏者には気の毒だったけどイベントの性格からして仕方のないことかな。a0028065_8345777.jpgでも演奏は全然悪くなくちゃんとしたレベルのものを提供していました。(全く知らないカルテットでしたがまだ学生?という感じの若いメンバーでした。) この日にあわせて開館したモーツァルトハウス・ウィーンはこの3日間無料公開。整理券をもらって約30分間館内を案内してもらえるというもの。私は時間的にちょっと無理だったのでこれは後日のお楽しみにとっておきました。
シュテファン寺院のなかは夕方のコンサート(戴冠ミサ曲)の舞台設置がしてあり、テレビ生中継のためにテレビカメラや照明器具など普段この場所には存在しないものがいっぱい。いつもここにある時間の流れがなんとはなしにちょっと歪んでいるような不思議な感覚にとらわれました。
a0028065_8353937.jpg
予定外にどうしても行かなくてはいけなくなったのがオーストリア国立図書館。当館が所蔵しているモーツァルトのレクイエムの自筆譜の展示が11月からされていたのだけどこの日曜が最終日だという事実にぎりぎりになって気が付いて滑り込みセーフというわけ。
自筆譜に書かれている情報自体はコピーでも得られるけど絵画と一緒でやはりずばりそのものを”生(なま)”で目にする体験はすごい。200年以上も経っているとは思えない鮮やかなインク。迷いのない筆運び。どきどきして高揚してしまいました。
a0028065_717513.jpg
展示会場の”プルンクザール”は世界で最も美しい図書館のひとつというだけあって高さ30メートルもあるドームの天井にはフレスコ画が描かれ各所に配置された彫刻や柱、そしてなんと言ってもぎっしり天井まで並んでいる皮背表紙の本がほんとに美しく、思わず「ほ~ぅ・・」とため息がでてしまいます。蔵書20万冊とのこと。もう数の感覚なくなります・・・。
a0028065_836414.jpg
a0028065_8372485.jpgここでひと休憩。しばらくご無沙汰していたクラリネットの美和ちゃんを訪問。先日彼女の娘の一歳のお誕生日に招待されていたのに具合悪くなって行けなかったのがとっても残念でちょっとでも早く会いに行きたかったというのがこのぎっしりな一日に訪問をした理由。
娘のLinaちゃんごらんの通りと~っても可愛い!一ヶ月前から歩き始めなんだかおしゃべりも始め、だんだん人間って感じになってきた!?(笑)それにしても子どもの成長って速い!あんまりにも当たり前すぎる感想だけどつくづく時間の流れを実感する時です。
a0028065_838273.jpgさてお次はフォルクス劇場でオレグ・マイセンベルク(Oleg Meisenberg)のピアノリサイタル。”Quasi una fantasia”と題されたプログラムはモーツァルトの幻想曲とシューマンの幻想曲で休憩なしの約一時間。不覚にも遅刻して一曲目は聴けない覚悟だったのだけど曲途中にもかかわらず会場に入れて幸運でした。演奏者には申し訳ないけど(もちろん極力邪魔のないように最大限に気を使いましたけど)イベントの性格上仕方がないのでしょうね。フォルクス劇場に足を踏み入れるのは実はこれが初めて!演劇専門の劇場なので音がかなりダイレクトにそのまま来る感じでごまかしのきかない音響。個人的にはそんなまっすぐにくる音響、好きでした。マイセンベルクの演奏は極端なバランスのなかでくっきりと徹底的にメロディーを浮かびあがらせ描ききるのがとっても印象に残ってモーツァルトの美しい「うた」が強烈に強調されていました。
それにしてもウィーンの劇場はどこもほんとに美しく催しものの内容とともにその空間に身をおく楽しみも充分に堪能できる。観客の「その気」をより盛り上げてくれるとでも言いましょうか・・・。
a0028065_8363383.jpg
フォルクス劇場での素敵なひとときのあとはモーツァルト一休み。夜のコンサートとの合間に大学で生徒ひとりレッスン。厳しい現実に目を向ける時間・・・。(^_^;)

そして締めくくりはTillの弾くモーツァルトKV488。音楽と対峙する姿勢の真摯さ、まっすぐさ。そこからにじみ出るのであろう澄んだ音色。痛いくらい直接こころにグサってきて聴き終わって放心してしまう。オーケストラとのコンチェルトの場合は純度の高さが変わるので(!?)その「グサッ」度が和らぐけど。それでも言葉を失ってしまいます。どうその感動を言葉にしたらいいのかわからずいつも彼の前でしどろもどろ・・・。昨年健康上の理由でいくつかコンサートをキャンセルしていたので心配していたけど先日久しぶりに会ったときも元気そうにしていたしコンサートの予定も沢山入っているようなので安心!と~っても楽しみにしていたのでその期待もいつも通り裏切られることなく至福の時を過ごすことができました。あんまりにも特等席だったので舞台の出入りの時でさえ写真を撮るのは到底不可能でした・・・。

長い一日だったけど足を運べばさまざまな感動が待っているというのは素敵なこと。
「250歳のお誕生日」というのは既に亡くなっている人なんだから理論的には間違った言い方なのだと思うけど、モーツァルトは彼の残した音楽を通して間違いなくまだ生き続けているのだと改めて認識する一日になりました。






今から10ヶ月前(Linaちゃん生後2ヶ月)”もんちっち”みたいでしょぉっ?(#^.^#)
a0028065_20333481.jpg

そのまた5ヶ月前(美和ちゃん妊娠8ヶ月)
生命を宿している誇りと喜びで魅力倍増の美和ちゃん。
a0028065_20335640.jpg

[PR]
by kyoyoshi215 | 2006-01-28 08:43 | 音楽