ウィーン在住ピアニスト吉澤京子のらくがき帳
by kyoyoshi215
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
About me
ライフログ
モモ&ルナ載ってるよ
ゆる猫びより

5月号で連載終了!
PIANO STYLE (ピアノスタイル Vol.12) リットーミュージック・ムック

兄貴の最新アルバム
JAPAN

Hajime

THE VOYAGE

Echo from Another Side of the Universe

MUSIC FROM THE EDGE OF THE UNIVERSE

マーラー弾いてます。
「それが答えだ!」サントラ・クラシック・ヴァージョン2 マエストロ鳴瀬望~名場面曲集

カテゴリ
全体
らくがき
ねこ
音楽
美味しいもの
街・人・風景(ヨーロッパ)
街・人・風景(日本)
街・人・風景(アジア)
あいさつ
いきもの
病気
未分類
以前の記事
2011年 04月
2011年 03月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
最新のトラックバック
白井晃?
from b-shark.biz
京都観光について
from 年金生活になっても豊かに暮ら..
ウイーンにおける演奏が聴..
from **♪* 今日もいい日 *♪**
お菓子材料 カカオマス
from 簡単料理レシピ【お菓子作りか..
生チョコレート
from 抹茶スイーツ大好き! 【この..
モーツァルトだいすき
from モーツァルトだいすき
シェーンブルン宮殿〔オー..
from ブログで情報収集!Blog-..
ブレヒトとコルンゴルト
from ベルリン中央駅 
kikiちゃん
from +
h a p p y
from m o n o l o g ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

予想外の展開

いざ、献血へ!

と、張り切って赤十字の献血所へ出向いた私を待っていたのは残念な結果!?でした。
必要事項を書き込んだ紙を持ってやや緊張した面持ちで座った私に中年の女医さんがまず訊いたのは・・・。

「体重何キロか訊いてもいいかしら?」

なんでそんなこと訊くのか深くも考えず「48kgです!」と答えた私。

「あ〜らら、やっぱりね・・・悪いけど残念ながらあなたに献血をお願いすることはできないわ〜」と、女医さん。

「へ???」なんで〜〜〜〜。
なんのことはない、50kg以下の人は無条件に献血が許されてないのだそうだ。

「がくっ・・・」
高校生の時に血液型が知りたくて献血をして以来の決心だったのに〜!
たったの2kgですよ。

ちょっと食い下がってみた。
「いや〜、あの、実は最近ちょっと太ったな〜って思っていてダイエットしなくっちゃ〜って考えていたところなんですよね〜。普通は48kgくらいなんですけどもしかしたら今50kgあるかも知れないんですよ。え〜、体重計ないですかねぇ?」

典型的こちら体型の女医さんってば、眼差しが斜めになってきて、
「体重計は用意してないわ。それに、あなたがダイエットしなくちゃいけないんだったら私なんかどうなっちゃうのさ?わっはっは〜。結婚でもして子供でも生んだら自然にお肉ついてくるわよ〜!それからいらっしゃいな!」

ゴ〜ンとゴングが鳴り、ノックアウト。
一緒に行った友人が意気揚々!?と献血している間、本来は献血した人だけに支給される飲み物とスナックを与えてもらってしょぼんとサッカー中継を見ていた私でした。
(欲しい人にはソーセージとパンもくれる。飲み物もワインやビールだってもらえる!お腹すいてるときは献血へ〜!)

オーストリアでの一回の献血量は年齢、性別関係なく450mlと決まっていてそれより少なくはできないのですって。家に帰って調べてみたら日本の献血システムってばもっとず〜っと細かい!年齢、性別、体重によって何種類もの献血パターンがある。私の場合、300ml~350mlの献血量が許されるとのこと。体調によっては本人の希望で200mlだけの献血だってできる。

ところで、BSE問題に絡んで、ある期間のイギリス滞在者が献血できないのはオーストリアも日本も同じ。ただ、その条件のあまりの違いにびっくり!!!!!

オーストリアの場合:
1980年〜1996年の間に通算6ヶ月以上のイギリス滞在歴のある人。

日本の場合:
(1) 1980年〜1996年の間に1日(1泊)以上のイギリス滞在歴のある人。
(2) 1997年〜2004年の間に通算6か月以上のイギリス滞在(居住)歴のある人。
・・・これってものすごく厳しくない???
これで驚いていたらまだまだ甘い!この後、(6)番まで続く「献血できない人シリーズ」は、まとめて言うとヨーロッパのどこかの国に1980年から今までの間に通算6ヶ月以上滞在した人は99%くらいの確率で日本で献血できない人ということなんだな。
びっくりしたよ、もう!それでもって、「輸血用血液のストックが足りない〜〜!」ってあたふたしてるんだから・・・。なんだかがんじがらめじゃんね。

そこで素朴な疑問その一。どうして、アメリカ滞在者はいいの〜〜〜???

アメリカ産牛肉の輸入問題と合わせてうさんくさすぎ〜!
アメリカにしっぽふりふりしてるプードルちゃんって言われちゃっても返す言葉ないじゃんねぇ!おぉ、恥ずかし。

そんないろいろの献血断念劇でありました。

♪クリック♪
a0028065_19481258.gif


 
[PR]
by kyoyoshi215 | 2006-07-01 08:21 | らくがき