ウィーン在住ピアニスト吉澤京子のらくがき帳
by kyoyoshi215
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
About me
ライフログ
モモ&ルナ載ってるよ
ゆる猫びより

5月号で連載終了!
PIANO STYLE (ピアノスタイル Vol.12) リットーミュージック・ムック

兄貴の最新アルバム
JAPAN

Hajime

THE VOYAGE

Echo from Another Side of the Universe

MUSIC FROM THE EDGE OF THE UNIVERSE

マーラー弾いてます。
「それが答えだ!」サントラ・クラシック・ヴァージョン2 マエストロ鳴瀬望~名場面曲集

カテゴリ
全体
らくがき
ねこ
音楽
美味しいもの
街・人・風景(ヨーロッパ)
街・人・風景(日本)
街・人・風景(アジア)
あいさつ
いきもの
病気
未分類
以前の記事
2011年 04月
2011年 03月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
最新のトラックバック
白井晃?
from b-shark.biz
京都観光について
from 年金生活になっても豊かに暮ら..
ウイーンにおける演奏が聴..
from **♪* 今日もいい日 *♪**
お菓子材料 カカオマス
from 簡単料理レシピ【お菓子作りか..
生チョコレート
from 抹茶スイーツ大好き! 【この..
モーツァルトだいすき
from モーツァルトだいすき
シェーンブルン宮殿〔オー..
from ブログで情報収集!Blog-..
ブレヒトとコルンゴルト
from ベルリン中央駅 
kikiちゃん
from +
h a p p y
from m o n o l o g ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ひとつの時代が終わるとき

ロストロポーヴィッチのドキュメンタリー映画が日本で公開されているそうです。

『ロストロポーヴィッチ 人生の祭典』

その中のウィーン楽友協会でのリハーサルシーンにどうやら私がちらっと映ってるらしい。コメントでichigoさんという方が教えてくれました。
早速、HPで予告編を見てみました。ウィーンフィル&小澤征爾とともにペンデレツキの初演作品とドヴォルザークのコンチェルトを演奏された時の様子が冒頭に流れ、私の記憶の中の風景と重なりました。そう、そのとき確かに私はそこに居ました。ブログにも書いています。→過去記事へ

ロストロポーヴィッチが亡くなったことを知ったのは入院中のことでした。術後すぐは全く身動きが出来ない状態で一日中携帯電話でラジオを聴いていたのだけど、そこで追悼番組を聴くはめになったわけで。亡くなったのは私が手術を受けた日でした。
命日忘れられなくなりました。

ウィーンにはロストロさんよくいらっしゃいました。舞台の上の演奏家と一人の聴衆としての邂逅はもちろんのこと、街中で見かける可能性もかなりありました。
初めて舞台以外で見かけたのは寿司バー付き焼き肉屋さんで。ひとりで寿司カウンターに座ってごきげんに次から次へとお料理を注文していました。後ろ姿しか拝めませんでしたけど、なんだか微笑ましかった覚えがあります。

その数年後、大学に公開レッスンに来たロストロさんにほっぺにぶちゅ、ぶちゅって挨拶されることに。。。ショスタコーヴィッチとブリテンのチェロソナタのレッスンを受けたのですが、両作品ともロストロさんのために書かれたうえに両作曲家と一緒に共演までしている曲。レッスンの大半は当時のエピソード語りでしたが、まさに生き証人ですからお話も生々しく興味深く貴重な時間でした。

80歳のお誕生日から丁度一ヶ月後、永眠されました。
また、大きな一時代が確実に終わりを告げたのですね。は〜寂しいです。

♪クリック♪
a0028065_19481258.gif





ブリテンのソナタの一曲目は「会話」というタイトル通り、チェロとピアノが冒頭から短い動機でかけあいをするのだけど、チェリストちゃんはついつい「美しくチェロを弾く」ことに一生懸命でピアノと会話することを忘れてしまったのね。そこで、ロストロさん、私の横にちょこんと座ってわたしにこそこそっと耳打ちしてきました。「僕がいいと言うまで弾かないで」と。ははぁ、これは何か企んでますね〜っとこちらまでちょっといたずら気分になって、ワクワク!「はい、もう一度最初から弾いて」とチェリストちゃんに一声。チェリストちゃん、真剣に一音目を弾きました。「・・・シ〜ン」えっあれって私の方を振り向いた彼女にロストロさん、「?どうかした?はい、もう一度」と。彼女、もう一度仕切り直して渾身の思いで一音目を弾く!「・・・・・」再び。えっどうしたの?と彼女が私に振り返った瞬間にロストロさん「いま!」と私に耳打ち。「♪♪」。。。そう、やっと彼女は自分の音に反応するピアノの音をちゃんと聴いたのです。ほ〜ら、わかった?と言わんばかりににこにこするロストロさん、なんともチャーミングでした。
[PR]
by kyoyoshi215 | 2007-05-24 07:31 | 街・人・風景(ヨーロッパ)