ウィーン在住ピアニスト吉澤京子のらくがき帳
by kyoyoshi215
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
About me
ライフログ
モモ&ルナ載ってるよ
ゆる猫びより

5月号で連載終了!
PIANO STYLE (ピアノスタイル Vol.12) リットーミュージック・ムック

兄貴の最新アルバム
JAPAN

Hajime

THE VOYAGE

Echo from Another Side of the Universe

MUSIC FROM THE EDGE OF THE UNIVERSE

マーラー弾いてます。
「それが答えだ!」サントラ・クラシック・ヴァージョン2 マエストロ鳴瀬望~名場面曲集

カテゴリ
全体
らくがき
ねこ
音楽
美味しいもの
街・人・風景(ヨーロッパ)
街・人・風景(日本)
街・人・風景(アジア)
あいさつ
いきもの
病気
未分類
以前の記事
2011年 04月
2011年 03月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
最新のトラックバック
白井晃?
from b-shark.biz
京都観光について
from 年金生活になっても豊かに暮ら..
ウイーンにおける演奏が聴..
from **♪* 今日もいい日 *♪**
お菓子材料 カカオマス
from 簡単料理レシピ【お菓子作りか..
生チョコレート
from 抹茶スイーツ大好き! 【この..
モーツァルトだいすき
from モーツァルトだいすき
シェーンブルン宮殿〔オー..
from ブログで情報収集!Blog-..
ブレヒトとコルンゴルト
from ベルリン中央駅 
kikiちゃん
from +
h a p p y
from m o n o l o g ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ミニレポート〜ウィーン室内管コンサート

先日のウィーン室内管のコンサート、友人に頼んでゲネプロの模様を撮ってもらいました。ピアノスタイル次号コラムのテーマにオーケストラの中で鍵盤楽器を弾くことを取り上げることにしているのです。記事に使用しない写真の中から数枚アップしますね。楽しくてしょうがないっ!っという感じの一週間でした。
a0028065_6373486.jpg
a0028065_6443372.jpg
a0028065_6532015.jpg

指揮はハインリッヒ・シフ。三年前からこのオケの音楽監督を務めているのだけど健康上の理由から今シーズンでポストを退くことになっています。音楽監督になる前からの長い付き合いで、チェリスト・シフの室内楽のパートナーとして舞台に立つこともある楽団員も多くいることもあって、その厚い信頼関係がプローベの時からなんとも心地の良い空気を作り出していました。演奏される機会の少ないこの曲を彼はとっても気に入っていて様々な室内管で演奏していて、今回が63回目とのこと。知り尽くしているだけあってプローベの運びも無駄がなく、すべてのメンバーがむらなく曲の全体像をつかめるような、まさにかゆいところに手が届く見事なものでした。そして、コンサートでは音楽家シフが、時には挑発しあおり立て、時にはとてつもなく大きな枠で演奏者の限りない自由な空間を作り出し、時には自らが聴衆のひとりになったかのようにその音を楽しみ、23人の演奏家が彼と一体となってまさに室内楽の醍醐味を堪能しつくし・・・それはもう昇天ものでした。コンサートの瞬間に初めて起こる化学反応みたいなものがそこかしこにちりばめられ、約30分足らずの間に激しい昂揚と深く暖かい心の安らぎの両方の一部に自分がなっていました。二日続けてのコンサートでしたが、一日目に増して二日目も盛り上がり、このプロジェクトがこれで終わってしまうのが本当に残念で、寂しい思いでした。

♪クリック♪a0028065_19481258.gif
[PR]
by kyoyoshi215 | 2008-06-07 07:29 | 音楽