ウィーン在住ピアニスト吉澤京子のらくがき帳
by kyoyoshi215
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
About me
ライフログ
モモ&ルナ載ってるよ
ゆる猫びより

5月号で連載終了!
PIANO STYLE (ピアノスタイル Vol.12) リットーミュージック・ムック

兄貴の最新アルバム
JAPAN

Hajime

THE VOYAGE

Echo from Another Side of the Universe

MUSIC FROM THE EDGE OF THE UNIVERSE

マーラー弾いてます。
「それが答えだ!」サントラ・クラシック・ヴァージョン2 マエストロ鳴瀬望~名場面曲集

カテゴリ
全体
らくがき
ねこ
音楽
美味しいもの
街・人・風景(ヨーロッパ)
街・人・風景(日本)
街・人・風景(アジア)
あいさつ
いきもの
病気
未分類
以前の記事
2011年 04月
2011年 03月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
最新のトラックバック
白井晃?
from b-shark.biz
京都観光について
from 年金生活になっても豊かに暮ら..
ウイーンにおける演奏が聴..
from **♪* 今日もいい日 *♪**
お菓子材料 カカオマス
from 簡単料理レシピ【お菓子作りか..
生チョコレート
from 抹茶スイーツ大好き! 【この..
モーツァルトだいすき
from モーツァルトだいすき
シェーンブルン宮殿〔オー..
from ブログで情報収集!Blog-..
ブレヒトとコルンゴルト
from ベルリン中央駅 
kikiちゃん
from +
h a p p y
from m o n o l o g ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:街・人・風景(ヨーロッパ)( 124 )

写真がね・・・

いまひとつコンピューターくんと仲良くなりきれていない今日この頃。
デジカメから取り込んだ写真のデータがえらく小さいことに今気がついて・・・。
ってことは、とりあえず写真のアップできるんだけど、ちょっと小さすぎるぅぅ。

ドナウ河畔の野原で一枚。寝転んだ状態で撮ったから川見えないし〜〜!
a0028065_22521262.jpg

ドナウ川で泳げるって知らない日本人が本当に多いことに気がつきました。
ウィーン在住の人でもほとんど知らないみたい。
道理で日本人らしき人を見かけないと思った。
そういう私もウィーン市営や私営の水浴場がドナウ河畔にこんなに沢山あるって知ったのは先週ですから・・・。(^^;)
川で泳ぐので何がいいってやっぱり海と違って野原があることかな。野原で寝転んで本読んだり、楽譜読んだりだってできるし・・・。それに、水、しょっぱくないし!

ま、そんなわけで今年は川泳ぎの夏になりそうな予感。
悩みは日焼け。もともとかなり色素が薄い方なので焼けてもかなり早くさめちゃうんだけど、変に焼きすぎるとドレスが似合わなくなるぅぅぅ!
こんがり!なんてわけにはいかないのね。
子供の頃は夏と言えば真っ黒ちゃんだったのにね。。。
無防備に日焼けして喜べる歳はかなり前にすぎちゃってます。しょぼん。

♪クリック♪
a0028065_19481258.gif
[PR]
by kyoyoshi215 | 2006-06-25 23:12 | 街・人・風景(ヨーロッパ)

サイクリング!?~♪

そんな一日だった日曜日。プローべから帰る途中市電に乗ろうとリング通りにでたらまたもやすっかり通行止めになっていて車も通らなくってせいせいする代わりに市電も走っていない!日曜日には気をつけないといけない。マラソン大会だったりデモだったり何かのパレードだったりリング通りはよく通行止めになる。それも結構長時間。地下鉄使っていれば全然問題ないんだけどね。
さて、「やだ~面倒くさい!また地下もぐって地下鉄乗換えして帰らなくっちゃいけないなんて~!!!」とふてくされた瞬間目に飛び込んできたのは自転車!そう、ウィーンには街中に50箇所の貸し自転車ステーションがあるのです。一回のみの登録料1ユーロ。2時間目から1ユーロづつ有料になっていくけど最初の1時間タダ♪ 1時間乗ってどこかで一度返却して15分待ったらまた最初の1時間から始められる・・・♪ すなわちほとんどタダ♪ ヽ(^o^)丿 うちから歩いて3分のところにステーションがあるのでいつかは利用することになるだろうと登録だけは済ませてあったのでやっと完璧なチャンス到来!同じ状況に陥った人が多かったと見えて市民公園前のそのステーションにはたった一台ぽつんと残っていただけでした。ラッキ~♪ 写真はうちの近くのステーション。これを見ても私みたいな人がいっぱいいたってことがわかるよね。
a0028065_155033100.jpg
さて、自転車に乗るって言っても実は日本みたいにどこでも好きなように走っていいわけではないのです。ちゃんと自転車道が決まっていてそれに沿って走らなくちゃいけないの。一方通行もあるし・・・。リング通り沿いなどは比較的道がわかりやすいし道も広いけど外にでると時々車道の上を車と並んで走るようになっていたりひどいところは車と車の間に自転車道があったりする!(@。@!怖すぎません?? 自転車に乗るのなんて久し振りだしやっぱり事故が心配なので怖くない道を選んで走りました。この、怖くない道っていうのがドナウ運河沿い。もう、爽快サイクリング気分でウッキウキ!怖がりだからのろのろ運転だけどそれでも結構息が切れて足も心地よい疲労感があってスポーツした気分(!?)で超満足!いい季節になりましたぁ♪

ちなみにこの貸し自転車、オーストリアの銀行カードかクレジットカード、または携帯電話(ONE)で登録できますが、観光客でも借りられます。それ専用のカードが発行されて一日につき2ユーロ料金がかかる以外は同じ条件。交通ルールの心配はちょっとあるけど上手に使いこなせば観光の際にすごく便利だと思うな。でかした!ウィーン♪

Info→Wien Citybike

♪クリック♪ ポチっとよろしく。 
a0028065_19481258.gif
[PR]
by kyoyoshi215 | 2006-05-16 16:41 | 街・人・風景(ヨーロッパ)

煙突そうじ屋さん

a0028065_1914111.jpg春先の大事な訪問者。国の法律で全てのおうちに課せられている年に一度の煙突そうじ。この時期になると建物の掲示板にこんな→張り紙が出て煙突そうじ屋さんの訪問日にちと時間が告知されます。だいたい早朝7時~8時といった時間帯。きのうがその日だったのですがすっかり忘れていた私はまだぐ~ぐ~寝てました。(^_^;)コンコン♪と根気よくドアを叩く音で目が覚めてあわてて玄関口へ。ドアノブに「不在でしたので連絡ください」という紙が挟まれていたのだけど建物のなかは25世帯くらい入っているので運良くまだ近くにいました♪ a0028065_18402890.jpgなんとなんといらしたのは女性の煙突そうじ屋さん!これだけ長いことここに住んでいて初めてのことにびっくりしました~!コンビのおにいさんも爽やか青年☆ 大概がっちりしたむさいおじさん(ごめんなさい!)がほとんど。こんな素敵な早朝訪問者なら大歓迎っ!(^_-)-☆ 
今回はガスの検査もしてもらいました。こちらも大きさによって2年ごと、5年ごとなど定期的な検査が法律で義務づけられているんです。安全確認はもちろんのこと省エネと環境保護が目的とのこと。スーパーマーケットの袋が有料だったり、ごみの仕分けの細かさだったり・・・この国の環境問題に対する取り組みは日本に比べてあらゆる面で前面に置かれている気がします。


煙突そうじ屋さんは”ブタさん”や”四葉のクローバー”などと並んで「幸運を呼ぶアイテム」としても人気者。その昔から火を巡る危険から人々を守ってくれているんだものね。
自転車で颯爽と街を走り回っている彼らに遭遇すると「今日はいいことあるかも♪♪」なんてウキウキするんだな。(#^.^#)
a0028065_18532430.jpg


♪クリック♪ ポチっとよろしく。 
a0028065_19481258.gif
[PR]
by kyoyoshi215 | 2006-05-13 19:50 | 街・人・風景(ヨーロッパ)

壊したの私じゃないよ~~~

今日はジングアカデミー合唱団の練習のまえに今回一緒に共演するスロヴァキア室内合唱団の練習があったので17時から21時半までの長丁場。
そんな最中、ちょっとしたアクシデント。汗

シューベルトザールでの練習にはよくスタインウェイが据えられているんだけど今日のスタインウェイはコンツェルトハウスに常備されているものじゃなかったので「あれ?」と思ったのね。弾いてみたらよい感じ~!だし。これは一体・・・??と不思議に思いながら弾いていたらペダルの付いている柱部分がぐらぐらしていてペダルを踏むたびにがたがたすることに気がつき、前半戦のあと原因究明すべくピアノの下にもぐってごそごそ。
そこへ現れたのはウィーン・スタインウェイのチーフ技術者であるKnüpfer氏。なんていいタイミングで現れたんでしょぉ!と、ほくほくしてたら

「一体君は何をしたんだい!」

と私に一喝を入れて笑いながら修理に取り掛かり始めた。
(゜o゜)きょとんと一瞬狐につままれたようになった私でしたがすぐにおちょくられていることに気がつき・・・。

「さっきエマール氏に『完璧な状態だから、このまま何も変えないでくれ』って言われたばっかりだというのに君みたいな小さな女の子!?が壊しちゃうなんて・・・。は~参ったなぁ・・・。」
「ピアニストにぶったたかれた鍵盤が壊れたというのはよくあるけどペダルこんな風に壊しちゃうなんて後にも先にも君だけだよ」
「言っとくけど、もう二度とこんなことしないでね。」

まぁ、次から次へとお叱りの言葉がよく出てくること。
ニコニコ笑いながら修理部分と格闘しながら・・・。

ちょっとちょっとエマールさん(Pierre=laurent Aimard)が弾くピアノ、こんな練習で使っちゃっていいんかい?コンサートのための持込ピアノでしょぉ?
あせったよ。当のエマールさん、今日はお隣の大ホールでバンベルク響とベートーヴェンのコンチェルト弾いて、あしたはメシアン。コンチェルトはコンチェルト用のピアノを使って月曜日にこのピアノでオールシューマンプログラムのリサイタル。

「エマールさんが気が付いたらなんて言い訳しようかねぇ・・・・。とあるピアニストに頼んで弾きこんでもらったんですけどそのピアニストがちょっとねぇ・・・とでも言っておこうか?笑」

「私じゃないですからぁ・・・」汗、汗・・・。笑

合唱団の連中もわらわらと集まってきて
「おいおい・・何したんだい?」「凄い怪力ね~」爆・・・・
と・・・珍しくいじくられキャラと化していた私でした。(^_^;)

ペダルをピアノ本体につないでいるメタル部を誰かがねじ回しで強引に壊しちゃったらしくてちゃんと固定できない状態になっちゃってたのね。多分、運送を担当した人がよくわからなくって力ずくでしたんでしょう。もちろんKnüpfer氏は私たちの練習が始まる前から修理の依頼を受けていたはず。まったく人をおちょくってくれたもんです。ま、まじめに取らずに一緒になってのってましたけど。ピアノ技術者てむすっとした職人を想像するかもしれないけど演奏家とのコミュニケーションが必要だから結構おしゃべりでエンターテイメント性に長けている人が多いですね。もちろん例外もいますけど!

後半戦はおかげさまで無事滞りなく鳴らしまくりましたよ~ん!ア~気持ちいい。
(何せ、相手はブリテン「戦争レクイエム」ですから・・・。金管ばりばりのでっかいオケ!)

来週は本番指揮者シモーネ・ヤング(Simone Young)女史とのプローべです。

♪クリック♪ ポチっとよろしく。 
a0028065_19481258.gif
[PR]
by kyoyoshi215 | 2006-05-12 08:35 | 街・人・風景(ヨーロッパ)

アルベルティーナ美術館でのコンサート

Thyll-Dürr財団奨学生によるコンサート。この手のコンサートは中途半端な普通のコンサートよりも面白かったりします。無名のいい音楽家を掘り出しにいく目的にはもってこいです。大学のクラスコンサートは残念ながら年々程度が低迷中であまり収穫ありませんから。と言っている私は特に新人発掘のためにコンサートにいくわけではありませんけど・・・。今晩はチェロのクリスティーネが弾いたので招待されて行ってきました。
a0028065_8221131.jpg
会場はアルベルティーナ美術館(Albertina Museum)内のミューズザール(Musensaal)。ごらんの通りのきらびやかなホール。教会のように響きすぎちゃうんじゃないかと心配しましたが決して悪い音響ではありませんでした。窓からはお隣さんのPalmenhausが見えていて暗くなり始めたら照明が綺麗でした。
休憩時間にはテラスにドリンクバーがでて夕方の涼しい空気にあたりながら優雅なひと時。こういうの好きだなぁ。
ところで、この財団の奨学金の支給の仕方が面白い。月々決まった額がでるのはもちろんとしてその他に『講習会費』『衣装代』なんて名目でボーナスみたいに時々くれるらしい。一番驚いたのはクリスティーネの『歯の矯正費』!彼女自身はそんなにやる気がなかったのだけどやったらどうですか?向こうから勧められたらしい。ほ~っ面白い、ほんと。さすがスイスの財団!太っ腹です。(多分このDr.Robert&Lina Thyll-Dürrご夫妻は貴族かなんかだと思うんだな・・・。あぁ、確信ないなぁ。誰か知ってたら教えて!)
a0028065_820288.jpg
a0028065_8204374.jpgウィーンにはこういったサロン的なコンサート会場がとっても沢山あります。もともとコンサート目的に作られていない場所でも空間そのものがもともと響きを持っている造りになっていることが多いのですぐにコンサート会場に変身できちゃうんですよね。ピアノの持込に関してもとっても当たり前のように日常的に行われているようですし。
終演後に控え室に向かう途中、展示室をいくつか通っていったのでそこに展示してある絵画に目をやりながら部屋から部屋へと移動していたら、なんと大好きなアルブレヒト・デューラー(Albrecht Dürer)がずらっとあるではないですか!代表作の「うさぎ」「祈る手」などなどたっぷり・・・。2年ほど前にデューラーの特別展があったときにじっくり見て以来だったのであまりの突然な予期せぬ再会にドキドキしちゃいましたよ。それにしても・・・警備員さんだれもいないんですけどぉぉお!いいんですかぁ???ってちょっとその無防備さにぎょっとすると同時に心配になっちゃいました。

♪クリック♪ ポチっとよろしく。 
a0028065_19481258.gif
[PR]
by kyoyoshi215 | 2006-05-11 09:39 | 街・人・風景(ヨーロッパ)

ぱぱハイドンとこんにちわ

a0028065_7411576.jpg
今日の仕事場はマリアヒルフ教会のすぐそば。久々のハイドンさまとの逢瀬。
”こんにちわ。最近あまりご縁がなくて・・・。ご無沙汰さま。でもお弟子さんたちにはよくよくお世話なっております・・・。”
モーツァルト&ベートーヴェンとのお付き合いは、これはもうほんと毎日のことで・・・。
a0028065_7414156.jpg
広場に農家直送市が立っていました。ウィーンでは街角の各所にある教会前広場にはよく市場が立ちます。大抵各地の産地直送!とかが多くて新鮮で安くて質のいいものを見つけることができます。(多分のヨーロッパのほとんどの街が多かれ少なかれそうなのでしょうけど。)今日の収穫はまたもや「白アスパラガス」。スーパーのそれとはものが違うね~やっぱり。さぞかしお高いことでしょうと思ったらなんと半額くらい!で目の玉飛び出そうだったよ♪
a0028065_7501690.jpg
飛び入りでオペラの仕事を2時間、超救急飛び入りがそのあと続いて3時間・・・。こういうのが続くと私は救急病院のお医者さん!?・・・て思う。歌手のひと、もしくは劇場関係者って私たちコレペティをスーパーマンかなんかだとでも思っているかのよう。ほ~っ・・疲れた。美味しいアスパラに癒されましたぁ。明日も仕事はしごがんばりま~す。ヽ(^。^)ノ

♪クリック♪
a0028065_19481258.gif
[PR]
by kyoyoshi215 | 2006-05-06 08:42 | 街・人・風景(ヨーロッパ)

コンツェルトハウスのホワイエ

何見てるのみんな・・・?
ジングアカデミー合唱団の練習の休憩時間にはこの手の風景がよく見られます。
a0028065_704311.jpg
答えはこちら。
ホワイエには数年前に新しく取り付けられた大きなスクリーンモニターが各階二つずつ全部で四つあって大ホールの舞台の様子が映されているのです。ボリュームもかなり大きな音量に設定していることが多くて充分楽しめるの。練習の休憩時間はコンサートの休憩時間とぶつかることは少ないのでなんかしらこうして聴くことができるのです。この日の大ホールはジェシー・ノーマンのリサイタル。みんなかじりついてました。
練習がなければホールに座って聴きたかったわ~。泣
a0028065_705896.jpg
特権話のつづき。
練習が終わるのは9時か9時15分。コンサートは早くても9時半ごろまで、大抵は10時近くになるのでまだ演奏中。タイミングよくて気が向く時は曲間に入って聴いちゃうんです。(*^^)v
最低でもアンコールは聴けるし、運がいいときはちょうど後半が始まるところだったりすることもあるの。コンツェルトハウスの大ホールとモーツァルトザールにはバルコン席(二階席)にどこからも死角になっている入り口があるのでそこから忍び込めば他のお客さんにも迷惑にならないし、もちろん演奏者の邪魔にもならない♪ そんな風につまみ食いしたコンサートは数知れず・・・。またまたこんなこと大きな声で言っちゃいけないと思いつつ・・・言っちゃってます。(#^.^#)

♪クリック♪
a0028065_19481258.gif
[PR]
by kyoyoshi215 | 2006-05-03 07:33 | 街・人・風景(ヨーロッパ)

練習日和

雨、雨、雨・・・。昨晩から止まない雨。梅雨かぁ?(そんなのありません!)
数日前に「夏到来!?」なんて大喜びだったのに、予言のとおり「さむ!」という天気。
皆わかってる。準備がいいんだ。迷わずコート着用。
ウィーンで出かけるときに傘を携帯することなんて滅多にない。
降ってきてもちょっとしたらすぐ止むってわかってるから。
街行く人もほとんどの人が傘をささないんです。少々濡れるのは全然気にしない。
ざ~ざ~大降りになったらその辺の軒下で雨宿りして小雨になるのを気長に待つ。
それが、一般的な風景。
今日は街行く人み~んな傘さしてました。かく言う私もしっかり傘を持って出てさしました。
ウィーンの街中は傘・傘・傘・・・。ひと、ひと、ひと・・・。そう、こちらもプチ連休初日。
来る月曜日5月1日はメーデーで午前中は電車も止まっちゃう。(@_@)
連休中はお天気ずっとこんな風らしい。およよ。
最近あまりに天気がよくってついついふらふら~っと外出してしまっていましたが
ここぞとばかりに篭って練習、練習、練習・・・。
天気って日々の生活にこんなに影響があるんだなぁ・・・。実感。

♪クリック♪
a0028065_19481258.gif
[PR]
by kyoyoshi215 | 2006-04-30 03:18 | 街・人・風景(ヨーロッパ)

夏?

a0028065_18114876.jpg
今年の冬は本当に長くてつい最近までダウンコートがしまえませんでした。
この一週間ぐらいやっとこの季節らしい温度になってきたかなぁ・・・と思っていたら!
暑い!
ウィーンの季節の変わり目はいつも突然やってきます。今年もお決まりの如く。
昨日の空気は明らかに夏の匂いに溢れ汗ばむほどの陽気。
レストランの野外テーブルでランチをしていてその日差しの強さに日焼けの心配をしてしまいました。(汗) 間抜けなことにカバンのなかにエネルギー補給として常備しているチョコレートが・・・もちろん無残にもチョコソースと化し、一緒に入っていた鍵やらなんやら凄いことになってしまいました。(爆)今日から夏で~す!とでも教えてくれたらいいのですけど、天気予報でそんなこときいてもにわかには信じがたいわけで。だって前日までセーター着ていたりするんですから。山の天気みたいなものですかね。
そんなわけでウィーンの短い春も終焉を迎えようとしているよう。・・・と思わせておいていきなりずど~んと冬逆戻りなんてことがあるのも4月天気(Aprilwetter)です。

♪クリック♪
a0028065_19481258.gif
[PR]
by kyoyoshi215 | 2006-04-26 18:29 | 街・人・風景(ヨーロッパ)

マグノリア~木蓮~

ウィーンの世田谷公園に咲き乱れていたのは桜だけではありません。
マグノリアはモクレン科の植物の総称。見るからに香ってきそうではないですか?
a0028065_3423311.jpg
a0028065_3425860.jpg
a0028065_3433781.jpga0028065_3435416.jpg
a0028065_344159.jpg

♪クリック♪
a0028065_19481258.gif
[PR]
by kyoyoshi215 | 2006-04-25 08:18 | 街・人・風景(ヨーロッパ)