ウィーン在住ピアニスト吉澤京子のらくがき帳
by kyoyoshi215
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
About me
ライフログ
モモ&ルナ載ってるよ
ゆる猫びより

5月号で連載終了!
PIANO STYLE (ピアノスタイル Vol.12) リットーミュージック・ムック

兄貴の最新アルバム
JAPAN

Hajime

THE VOYAGE

Echo from Another Side of the Universe

MUSIC FROM THE EDGE OF THE UNIVERSE

マーラー弾いてます。
「それが答えだ!」サントラ・クラシック・ヴァージョン2 マエストロ鳴瀬望~名場面曲集

カテゴリ
全体
らくがき
ねこ
音楽
美味しいもの
街・人・風景(ヨーロッパ)
街・人・風景(日本)
街・人・風景(アジア)
あいさつ
いきもの
病気
未分類
以前の記事
2011年 04月
2011年 03月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
最新のトラックバック
白井晃?
from b-shark.biz
京都観光について
from 年金生活になっても豊かに暮ら..
ウイーンにおける演奏が聴..
from **♪* 今日もいい日 *♪**
お菓子材料 カカオマス
from 簡単料理レシピ【お菓子作りか..
生チョコレート
from 抹茶スイーツ大好き! 【この..
モーツァルトだいすき
from モーツァルトだいすき
シェーンブルン宮殿〔オー..
from ブログで情報収集!Blog-..
ブレヒトとコルンゴルト
from ベルリン中央駅 
kikiちゃん
from +
h a p p y
from m o n o l o g ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:音楽( 76 )

割が合わないけど、ついつい引き受けちゃうの。

最近少しづつMusikverein(楽友協会)からの仕事がぼちぼち入ってきています。はっきり言ってと〜っても割の合わない仕事なんだけど、絶対不可能でない限り断れない、というか断りたくないのが正直なところ。
たった一回の指揮者&ソリストのプローベのために誰もレパートリーに持っていないような曲がまわってくるのが常。

先日えらく大変だったのが、バルトークのオペラ「青ひげ公の城」。(指揮:アダム・フィッシャー、ソリスト:イリス・フェルミヨン(ユディット)、ジェームス・ジョンソン(青ひげ公)
一幕ものでピアノスコアで80ページほどというと大した長さではないのだけど、何しろ相手はバルトーク。比較的おつきあいの少ない作曲家なので、その音楽言語に慣れるまでが一仕事。それからある程度弾き込んで、指揮についていけるくらいまでに自由が利くまでも随分苦労しました。で、プローベ自体はやはりあっという間。指揮のアダム・フィッシャー氏は自身ハンガリー人。もちろんこのオペラはきっともう何度も演奏している十八番と思われ、プローベも暗譜でした。何度か止めて少しの直しはしたけれど、ほとんど通し稽古。必死でついていくのが精一杯だったから楽しむまでいかなかったのが残念だったけど、なにはともあれ無事済んでほっとしたというのが真実。

たった一回、一時間余のためにおそろしく時間と労力を割きました。ほんと、割が悪い。音楽家としての好奇心と興味がなかったらこんな割の悪い仕事、絶対できないな〜。マクドナルドの売り子さんの方がずっと稼ぎがよろしくてよ。汗。
コレペティの仕事ってほんとまだまだ地位の低いこと。。。はぁ。。。

で、昨日引き受けたのが明後日のプローベ。。。こんな風に急なのも飛び込みコレペティ仕事の典型的な特徴。もちろん知らない曲だったので図書館で楽譜を調達して楽譜に目を通すまでは返事を待ってもらったんだけど、ほんとは楽譜を見る前から引き受けるつもりだったの。なぜって、ソリストがアンネ・ソフィー・フォン・オッターだっていうんですから。。。(指揮はフィリップ・ジョーダン)曲はショーソンの「愛と海の詩」。美しい曲です♪

そんなわけで明日までにこちらを仕上げないと。この一週間ほどはちょっと時間の余裕があってぽよぽよしてましたが、またまたぎゅぎゅっと詰めてます。笑。

♪クリック♪a0028065_19481258.gif
[PR]
by kyoyoshi215 | 2008-05-12 05:46 | 音楽

ウィーン男声合唱団とのコンサート

手術からちょうど一年記念日(?)の4/27はウィーン楽友協会のブラームスザールでコンサートでした。この日はウィーンマラソンが開催されていて、街はお祭りムード。お天気はマラソン見物に味方してか、燦々と輝く太陽とすっばらしく美しい青空。こんな日の午後3時半にコンサートなんて。。。涙。いやいや、でも昼の光のはいるブラームスザールで午後のシューベルトなんてのもよくてよ。笑。
ウィーン男声合唱団(Wiener Männergesang-Verein)の春の恒例コンサートで、シューベルトを伴奏。この合唱団、創立165年というウィーンで一番息の長い男声合唱団。ウィーン楽友協会内に事務所と練習室をもっています。ヨハン・シュトラウスの「美しき青きドナウ」は彼が初めて作曲した合唱曲でこの合唱団のために書かれたんです!もちろん、そのことは彼らにとって何よりの誇りで、事務所内にある展示室には様々な歴史的資料が展示されています。現在の団員平均年齢はかなり高いようですけど、みな素敵なおじさまたち。とにかく男性しかいないせいかたまにピアニストやソリストなど女性が現れるとやっぱりウキウキするみたい。みなと〜っても紳士でこちらはまるでお姫さま待遇。ドアは開けてくれる、コートの着脱はしてくれる、すべてレディーファースト。。。普通に街の中でも日本に比べたらそういうマナーはそれなりにあるけれど、ここまで徹底しているとちょっと違う時代に迷い込んだようよ。最初はちょっと戸惑っちゃったけど、慣れるとそんなやりとりがチャーミングで、お互いのシンパティーを確認する手段のひとつなんだな〜と実感。うふふ。

久しぶりのちゃんとしたホールでの本番だったけど(10月以来かな)、やっぱり楽しいね。誰がパートナーでもその瞬間にしか起こらない奇跡や偶然、驚きなどが満載!いいことばかりなわけじゃないけど、そこがまた人間の仕業って感じで私は好き。もともとかなりの完璧主義で自分を追い込むのが好き(Mってこと??)な私だけど、重ねて来た経験と歳(笑)のおかげで自分も他人も沢山許せるようになって、それが幸せ感に繋がっているように思う。これから6月までにいくつか色んな本番を控えているので楽しみ!
a0028065_181393.jpg

ブラームスザールの楽屋通路。ソリストのブリギッタと。おじさまたちとの写真は自分のカメラで撮ってないの。。。6月にまた一緒にコンサートがあるのでそのときにはって思ってます。

„Liederzauber“-Frühjahrskonzert des Wiener Männergesang-Vereines

27. April 2008, Musikverein- Brahmssaal
Beginn: 15.30 Uhr

Program:
Franz Schubert:
Gott in der Natur
Wiederspruch
Die Nacht
Die Forelle
Nachthelle
Grab und Mond
Der Gondelfahrer
Die Allmacht
Volkslieder aus Österreich von Thomas Koschat bis Karl Schnürl

Solisten:
Brigitta Karwautz, Sopran,
Kyoko Yoshizawa, Klavier
Antal Barnás, Dirigent

♪クリック♪a0028065_19481258.gif
[PR]
by kyoyoshi215 | 2008-05-03 00:06 | 音楽

ティーコンサート in 仙台

急にまとまった話なのですが、仙台に参ります。

Tea Concert〜ウィーンの風を仙台で!〜
出演:ベルンハルト・直樹 ヘーデンボルク(チェロ)
   吉澤京子(ピアノ)
日時:9月16日 pm15:30~17:30
場所:レストラン パリンカ
   (〒980-0814仙台市青葉区霊屋下19-8  tel. 022-213-7654)
チケット代:2500円(ドリンク&スウィーツ付)
曲目:ライネッケ チェロソナタ、シューマン アダージオをアレグロ 他

アットホームな雰囲気のなかで演奏とティータイム親睦会です。
私が初めて仙台で演奏したのが2000年。以来仲良くしていただいているお友達のおかげで、演奏のみならず遊びにも毎年のように訪れています。
懐かしいみなさんとの再会も楽しみですが新しい出会いも楽しみ♪
お近くの方、足をお運びくださいませ!

♪クリック♪a0028065_19481258.gif
[PR]
by kyoyoshi215 | 2007-09-06 21:30 | 音楽

神戸国際芸術祭〜秋色の饗宴〜

a0028065_18103150.jpga0028065_1811628.jpg
第二回目を迎える「神戸国際芸術祭」。今年のテーマはドイツ・ロマン派。メンデルスゾーン、シューマンが中心のプログラムです。一週間の間に三つの室内楽コンサート、親子コンサートが二回、マスタークラスという盛りだくさんのプログラム。関西にお住まいでなくても、ヴァカンス気分で絶好のロケーションのシーサイドホテル舞子ビラ神戸に滞在してゆったりとした時間を過ごすというのも悪くないですよ〜♪

右のチラシをクリックすると大きく見られます。→



♪クリック♪a0028065_19481258.gif
[PR]
by kyoyoshi215 | 2007-09-03 22:11 | 音楽

ワンコインコンサート・・・徒然

兵庫県立芸術文化センター大ホールのキャパシティーは約2000席。
こんなでっかい!音楽専用ホールでチェロとピアノだけで演奏する機会はそうない。

舞台に立って客席を眺めるとバルコニー一番上の4階はかなり高くて思いっきり見上げる感じ!リハーサルで音を出しながら耳はこの一番上へ。

大きなホールでは舞台の上で自分が出した音や相方の音が聴こえにくいという事がよく起こるんだけど、このホールはその問題もなく、ホールの中に飛んでいって戻ってくる音もちゃんと聴くことができてとっても弾きやすく気持ちよかったです♪

平日の昼公演にも関わらずほぼ満員の大盛況。とても温かいお客さん。
休憩なし約一時間舞台にでたままだったけれど楽しく一瞬一瞬を過ごせたので、心配していた時差ボケの悪影響もなく、元気に乗り切りました♪

二公演の合間に昼食のためホールを出たはいいけどあの辺りあまりお店がない。。。
いくつかあるお店もたった今コンサートを聴いてくれたお客さんたちでいっぱい。でも、ようやくちょっとかわいい珈琲屋さんでランチメニューにありつけてほっと一息。そのお店にももちろんコンサート帰りのお客さんたちがいて「あら〜っ!まぁ〜!先ほどはありがとう!すてきだったわよぉ〜〜!」と声をかけてくれる。こういうのって結構嬉しいです、わたしは。

時差ボケぼけ発揮はコンサート後。ようやく翌日のことを気にせずに飲み食いできるとあって勢い良く(!?)食べて飲んで・・・もちろん眠れなくなって3時頃まで。翌朝はぐっすり朝寝坊してから東京へ向かいました。この、コンサート翌日の朝寝坊が私の大のお気に入り♪一仕事終えた後の怠惰なごろごろほど気持ちのよいものはないと思うのですが。。。毎回必ず叶うわけではありませんけど。

東京に着いて早速次のコンサートのリハーサル。9日に独唱会の伴奏。
私の大事なお友達が今年77歳になられ、それを機に喜寿を祝って「今日までを歌う」と題した会を開かれるのです。お友達なんて言ったら失礼なくらい人生の大先輩ですが、もう20年来の家族ぐるみのおつきあいで私の大事な大事なひと。日本歌曲、シューベルト歌曲、中国民謡という意欲的なプログラムで沢山の方々と一緒にお祝いをします。周りのみんなの大きな気持ちに助けられながら会が計画されていて、素敵な時間になりそうです。とっても楽しみ。

時差ボケはまだ引きずり中。0時過ぎると目が爛々。ランラン♪
寝なきゃ、寝なきゃ。。。。。

神戸のスタッフのみなさん、コンサートに来てくださったみなさん有り難うございました。一ヶ月後の神戸国際芸術祭でまた逢いましょぉ!

ところで、一度神戸牛食べたい。食べたい食べたい
失礼、壊れてきました。寝ます。

♪クリック♪
a0028065_19481258.gif
[PR]
by kyoyoshi215 | 2007-09-01 01:56 | 音楽

8月29日兵庫県立芸文センターのチケット

ワンコイン・コンサート
ベルンハルト・直樹・ヘーデンボルク−木漏日のチェロ


日 時 2007年8月29日(水)
開 演 11:30(開場 10:45) &15:00 (開場 14:15)
会 場 兵庫県立芸術文化センター 大ホール
料 金 A \500

プログラム
サン=サーンス:白鳥
ウェーベルン:チェロとピアノのための3つの小品
シューマン:アダージョとアレグロ
黛敏郎:文楽
メンデルスゾーン:無言歌&歌の翼に
クライスラー:愛の悲しみ
パガニーニ:モーゼによる幻想曲

出演
チェロ ベルンハルト・直樹・ヘーデンボルク
ピアノ 吉澤京子

ワンコイン(500円)という安価で質の良い演奏が聴けるということで人気の高いこのコンサートシリーズ。平日の昼間の公演にも関わらず発売と同時に早々に売り切れになることが多いようです。
今の時点で午前の部は既に売り切れ。午後の部も残り少ないことのこと。

そのコンサートのチケットを午前、午後4枚づつ確保してあります。
この記事をご覧になって「行きたい!」という方にお売りしたいと思いますのでメールでご連絡ください。(kyoyoshi@gmail.com)
本当はご招待としたところですが、いち早くチケットを購入してくださった方々がいらっしゃるので、申し訳ありませんが額面通りということでお許しください。

聴き慣れた有名な小品を盛り込みながら未知のものも身構えずに体験していただけるように、おしゃべりを挟みながらの演奏会です♪
ご連絡お待ちしています!

♪クリック♪
a0028065_19481258.gif
[PR]
by kyoyoshi215 | 2007-08-10 18:03 | 音楽

〜初夏の夜の夢〜チロルでコンサート

„Ein Frühsommernachtstraum“
Trio Myxos
Miwa Takagi-Burger: Klarinette
Bernhard Naoki Hedenborg: Violoncello
Kyoko Yoshizawa: Klavier
a0028065_6565736.jpg


Program:
Michail Iwanowitsch Glinka(1804-1857)
Trio Pathétique d-moll für Klavier, Klarinette und Violoncello(1832)
Felix Mendelssohn Bartholdy(1809-1847)
Sonate Es-Dur für Klarinette und Klavier(1824)Berlin
Lied ohne Worte op.109 für Violoncello und Klavier
Auf Flügeln des Gesanges 0p.34/2 für Violoncello und Klavier
Alexander Zemlinsky(1871-1942)
Trio d-moll op.3(1896)Wien

Mittwoch 27.06.2007
20:15
Saal der Musikschule Landeck
Schulhausplatz 1, 6500 Landeck

„Mini Klassik Konzert für Kinder von 0 – 14 Jahren“
a0028065_6561959.jpg

Programm:
Mozart: Türkischer Marsch
Saint-Saëns: Der Schwan
aus dem „Karneval der Tiere“
Rimski - Korsakow: Der Hummelflug
Brahms: Wiegenlied
etc.

Donnerstag.28.06.2007
10:00 Kinder 0 - 6 Jahren
17:00 Kinder 6 - 14 Jahren
Schloss Landeck
[PR]
by kyoyoshi215 | 2007-06-25 07:24 | 音楽

オーストリアのラジオ放送

オーストリア国営放送のラジオ局Österreich 1(Ö1)はNHK-FMみたいな感じでクラシック音楽を沢山流しています。いろんなコンサートのライブ録音なども頻繁にプログラムに登場するしウィーンフィルの定期公演もすべてではないけれどかなりの確率で生放送します。
そしてこの放送局、ウェブ上で24時間聴くことができるんです!
オーストリアに居ずしてもウィーンフィルの生放送をオンタイムで堪能!
最近ではNHK-FMでも確か生放送することがあるようですけど。。。
ウィーンフィル以外にも沢山のいい演奏に出会うことが可能なのでどうぞ一度お試しあれ!

下のリンクのHPの"WEBRADIO"というところをクリック。即聴けます。
"Ö1Program"をクリックするとその日の番組表がでてくるので"Mehr"というリンクをクリックすれば曲目から演奏者などの細かいデータがすべてわかります。


Österreich 1(Ö1)

v♪クリック♪
a0028065_19481258.gif
[PR]
by kyoyoshi215 | 2007-01-15 05:51 | 音楽

"Hajime"

a0028065_9194948.jpg
我が次兄の最新CDが昨日(11/8)発売されました!
15年前に限られた数だけ売り出されたもので巷では幻のアルバムとして人々から再発売が長いこと渇望されていました。それがいよいよ手に入るのですよ。。。。
当時留学したてだった私はCDプレイヤーなんて持っていなかったので録音したカセットテープを送ってもらいました。自分はウィーン、はじ兄はアメリカ。それぞれ人生の大きな転換期を異国の地で迎えていて将来への不安も期待も夢も始まったばかり。早速夢の一歩を形にしているはじ兄を羨望のまなざしで見上げる気持ちと共に大変誇らしい思いだったのが思い出されます。。。。
ヨーロッパでも買えたらいいのに〜〜!
とにかく日本にいる皆さま、早速お聴きになることをお奨めします♪

Amazon.co.jpでのCD説明文です。
吉澤はじめの初リーダー作が15年の時を経て遂にリイシュー。11曲中7曲がオリジナル曲、4曲がジャズスタンダード。ピーター・アースキンがプロデュース。メンバーは吉澤はじめ(ピアノ)ピーター・アースキン(ドラムス)マーク・ジョンソン(ベース)ボブ・ミンツァー(サックス)ジョン・アバクロンビー(ギター)ら、豪華なメンバーが天才ピアニストのデビューに華を添える。

♪クリック♪
a0028065_19481258.gif
[PR]
by kyoyoshi215 | 2006-11-09 09:48 | 音楽

神戸国際芸術祭2006、まもなく開幕!

本日神戸入り。案の定、大阪で迷いまくり練習会場に少々遅刻・・・・。あちゃっ。
ま、でも無事みなが神戸に集結しました。コンサートに向けての準備も最終段階。
楽しみです!まだチケットありますよ〜!会場で会いましょぉ!!!
a0028065_0183226.jpg
a0028065_0185372.jpg
a0028065_019746.jpg
a0028065_0192766.jpg

[PR]
by kyoyoshi215 | 2006-09-10 00:26 | 音楽