ウィーン在住ピアニスト吉澤京子のらくがき帳
by kyoyoshi215
プロフィールを見る
画像一覧
About me
ライフログ
モモ&ルナ載ってるよ
ゆる猫びより

5月号で連載終了!
PIANO STYLE (ピアノスタイル Vol.12) リットーミュージック・ムック

兄貴の最新アルバム
JAPAN

Hajime

THE VOYAGE

Echo from Another Side of the Universe

MUSIC FROM THE EDGE OF THE UNIVERSE

マーラー弾いてます。
「それが答えだ!」サントラ・クラシック・ヴァージョン2 マエストロ鳴瀬望~名場面曲集

カテゴリ
全体
らくがき
ねこ
音楽
美味しいもの
街・人・風景(ヨーロッパ)
街・人・風景(日本)
街・人・風景(アジア)
あいさつ
いきもの
病気
未分類
以前の記事
2011年 04月
2011年 03月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
最新のトラックバック
白井晃?
from b-shark.biz
京都観光について
from 年金生活になっても豊かに暮ら..
ウイーンにおける演奏が聴..
from **♪* 今日もいい日 *♪**
お菓子材料 カカオマス
from 簡単料理レシピ【お菓子作りか..
生チョコレート
from 抹茶スイーツ大好き! 【この..
モーツァルトだいすき
from モーツァルトだいすき
シェーンブルン宮殿〔オー..
from ブログで情報収集!Blog-..
ブレヒトとコルンゴルト
from ベルリン中央駅 
kikiちゃん
from +
h a p p y
from m o n o l o g ..
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

来日情報続報

先日第一報をお知らせしましたが続報を。
今回のトリオのコンサートでの新しい試みは「アラカルト」と題してのリクエストコーナー。それぞれのソロと三通りの組み合わせ(Cl&Pf, Cl&Vc, Vc&Pf)の小品を20曲ぐらいリストアップしてその中からその場で選んでもらおうというもの。もしこの曲も入れて~っていうリクエストありましたら今のうちにお知らせくださいね。お約束はできないかもしれないけど事によるとご希望に添えるかも!?
東京ではちょっとしたパーティー交流会もあり聴きにきてくださるみなさんと一緒に作るひと時というのが大きなテーマ。お世話になるサロンは一公演50人のキャパシティーですのでとっても親密な雰囲気で素敵な時間が持てるのではないかととっても楽しみ!お昼のケーキも夜の軽食もマクロビオティックというからだに優しいお料理が専門家のかたの調理で提供されます!などなど・・・お楽しみ多きコンサートになりそうですよ!私たちも楽しみにしてます!
a0028065_22302191.jpg

[PR]
by kyoyoshi215 | 2006-03-29 22:46 | あいさつ

母の作品

a0028065_22485068.jpgの好奇心旺盛さには今更ながらに驚かされる。もともと物づくりの好きな人。刺繍、油絵、織物、陶芸・・・などなど次から次へと何か作っている。こちらは最近の作品。先日日本から運び屋kuri-mさまが手荷物で大事に持ってきてくださいました。とっても繊細でお茶タイムが彩られてます♪
その母ですが目下、同じ大陸上です。以前から「ポルトガルのファドを現地で観たい!」と言っていた母。2週間ほど前、突然「スペイン・ポルトガル旅行やっと決めた」と言うものだから「は~そう。よかったね!それでいつ行くの?」と訊いたら「26日」。「・・・!26日って今月の??」「そうそう。」
決めたら行動に移すのがほんっと速いお人。かっこいい。
a0028065_22483527.jpg

[PR]
by kyoyoshi215 | 2006-03-28 23:06 | 街・人・風景(日本)

勘違い

昨日の夜のうちに全部時計を進めて万事OK!っと得意になっていたのに・・・。

まんまとひっかかりましたわい。

ブログの更新を27日の日付でしようと思ってこちら時間の16時すぎに書いて更新。

いつもの癖。

16時になったら日本は日付が変わるんだって自動的に思い込んで・・・・。

もっちろん一時間早すぎ。爆)

さっき気がつきました。

わはは・・・・。がくっ。

サマータイム切り替えについての記事を読んでみた。
問題のほうが多いみたい。
切り替え翌日の月曜日ははっきりと交通事故の頻度が増え、
不眠症や疲労、精神不安などの問題で医者を訪れる人の数も増えるとのこと。
実際人間の身体はどんな不規則な生活でもちゃんとリズムがあって体内時計がある。
この一時間の時差が治るのに個人差はあるけど4日~14日かかるんですって!
で、肝心の省エネだけど夜間の電気使用量は減るけど3,4月や10月はまだ寒い日があるため早朝の暖房費がかかってしまい、結局たいした省エネにならないばかりか下手したら余計エネルギーがかかってるらしい・・・!

あらまぁ、なんてこと!じゃあ、なんのため??
世の中にはよくわからないことがあるものです。
何度も言いますけど個人的にはサマータイム賛成。気に入ってます♪
[PR]
by kyoyoshi215 | 2006-03-27 08:52 | らくがき

シュテファン寺院でのヨハネ受難曲

a0028065_2212411.jpg昨夜はジングアカデミー合唱団が出演した演奏会がシュテファン寺院でありました。
バッハの「ヨハネ受難曲」。
コンツェルトハウスでのコンサート以外にこういった外部の請け負い仕事もこなします。数年前にトン・コープマン(Ton Koopman)とのプロジェクトで歌った選抜メンバーですので集中プローべが3回ほど。仕上がりも早く久々にプロ並みのプローべ運びでした。
教会でのコンサートは音響的にコンサートホールのようなわけにはいかないので色々それなりの不満はあるのですけれど宗教曲はやはり教会で聴くべきもののように思います。わたしはクリスチャンではありませんが、クラシック音楽に携わる身として最低限の理解と好意を持っています。a0028065_2213973.jpg
教会で宗教曲を聴くといい意味でも悪い意味でも大きな”力”を感じて畏怖の念のような心情にとらわれます。
信心というものではないのだけど私の生き方、在り方に於いて決して小さくない影響があるのじゃないかしら・・・。
演奏のあとに教会内でAgapeという集いがありました。みなと一緒にワインとパンを頂くのです。本当にワインとパンのみでびっくりしました、正直言って。お水もなかったの。

演奏に関する感想ですが、今回は特筆すべきはなく。。。我が合唱団の褒められるべきは言葉の明瞭さでした。私の座った席がよかったのでしょうけどほとんど全部のテキストが聞き取れました。お見事!ぶらぼー!
[PR]
by kyoyoshi215 | 2006-03-26 23:40 | 音楽

損?得?

またまたこんな時間(午前1時半過ぎ)になってます。
いま、家中の時計を一時間進ませました。
ってことはうちの時計たち、いま午前2時半過ぎを指しています。

はい、そうです。夏時間が始まります。
正確には午前2時になった途端、3時になってしまうのですけど。

1980年から始まったこの習慣、省エネが一番の目的とのこと。
世論調査によると90%ぐらいの人が面倒くさい、無いほうがいい・・・など
ネガティブな評価をしているとのこと。
30%くらいのひとは廃止したほうがいいと答えている。
でも、わたしは結構気に入っているんだな、これが。
陽が長いと一日が長く感じるから。
夏時間から冬時間に戻るときはちょっと滅入るけど・・・ね。

それにしても今年の夏時間は突然きたな。
だって、まだ寒いんだもん。
普通「あ~暖かくなってきたなぁ~」と思い始めてから夏時間がやってきて
一気に春~♪って感じになるのに・・・。
これじゃ、「へっ?もう夏時間?」って不意打ちだよね。

泣いても笑っても今夜は一時間短い夜なの。
毎回、たった一時間なのに時差ボケになるわたし。
あしたはお寝坊さん決定。
[PR]
by kyoyoshi215 | 2006-03-26 09:53 | らくがき

集中力の限界

昨日は長い一日でした。
7時前に起床。軽く手慣らしして8時には家をでる。
それから14時まで某オーケストラのオーディションの伴奏。
15時には"prima la musica"という学生コンクールをチラッと聴く。
(彼が7歳のときから知っている自分の弟みたいな存在の子が弾いたので応援)
一旦帰るには中途半端な時間だったので街をぶらぶらしてみたけど
ようやく春になってきたウィーンの街中は観光客で溢れかえっていて
すっかり疲れてしまい・・・。そうこうするうち電話でのオフィスワークが飛び込み
大学でコンピューターに向かいながら携帯電話にかじりつく。

そうそう、コンピューターや携帯電話のいわゆる”通信費”は自営業として
確定申告している私にとっては経費として計上することができるってきいて
「へ~」ってびっくりしたのが2年ほどまえ。
稼ぎの微小なわたしも確定申告はしなくちゃいけなくて
(しないでいてばれると罰金なの!)税理士さんのお世話になっています・・・。
昨年8月に「そろそろ申告しましょう。書類持ってきてくださいね。」
ってお電話いただいていたのにすっかり失念していました・・・。
一週間ほど前、そんな私を見捨てずに面倒見のいい税理士さんお電話くれました。
「2004年の申告・・・」わ~わ~、わすれてた~!
そして先日二年分まとめてやってもらいました。ありがたや~~。

っと、脱線しましたが。昨日のはなしへ。
結局のんびりカフェにでも座って本でも読もうなんて思っていたのにそんな時間もなくなり
18時から指揮科の授業。おなじみYujiのレッスン。
三日続けてのストラヴィンスキー「春の祭典」の最終日。
振るのも大変だけど弾くのも大変。心身ともに酷使・・・。
最近のリミット3時間が過ぎたあたりからもう限界。
「もうダメ・・・」を連呼しながらも交替要員がいなくて
ブドウ糖を摂取しながら限界を無視して弾き続ける。
終了22時半過ぎ・・・・。
さすがに疲れきりました。空腹も手伝い、帰るのもしんどい状態。
こういう時ってやっぱり和食が食べたい。
みんなで”ジャパニーズ”へ。
渋いところで鯖の塩焼きを頂きました。ほっと一息。でももう帰る元気が・・・。
深夜バスに乗るのは3年半前に事故って以来トラウマのようになっていて
大抵躊躇してしまう。深夜バスに撥ねられたわけではないのだけどね。
こんな疲れている日はもう絶対タクシーに乗ってしまいます・・・。

ばたんきゅー・・・。

今朝起きたら頭痛くて熱っぽい。でも、熱は無い。
目の奥がうずうず。。。危ないな。
今日はのんびりうだうだの日になりそう・・・って既に半日が過ぎてるね。
夜はシュテファンス寺院でジングアカデミーのコンサート。バッハ「ヨハネ受難曲」。
イースターが近づいてる。
[PR]
by kyoyoshi215 | 2006-03-25 23:53 | らくがき

来日情報

まだちょっと先の話ですけど折に触れアナウンスしていきます。
5月末から6月頭にかけて来日します!
今回は小さなコンサートをちょちょっと弾いて割りあいゆったりスケジュールです。

~コンサート~
「街の歌」~ウィーンの音たち~
出演:
高木美和: クラリネット
ベルンハルト・直樹・へーデンボルク: チェロ
吉澤京子: ピアノ

曲目:
ベートーヴェン:ピアノとクラリネットとチェロのための三重奏曲op.11「街の歌」
ブラームス:ピアノとクラリネットとチェロのための三重奏曲op.114
~アラカルト~ソロ、デュオの小品を20曲ほどリストアップして当日お客様にその中からリクエストしていただきます。

日時・場所:
5月29日 13:30開演 (お茶とケーキつき)、19:00開演 (ワインと軽食つき)
東京・下北沢サロン・ドゥ・ミューズ

6月2日  19:00開演
兵庫県・加古川市立松風ギャラリーホール


第7回ビバホールチェロコンクール関連コンサート

出演:
ベルンハルト・直樹・へーデンボルク:チェロ
吉澤京子:ピアノ
高木美和:クラリネット

曲目:
シューベルト:アルペジョーネソナタ イ短調
アントン・ウェーベルン:チェロとピアノのための三つの小品op.11
シューマン:アダージョとアレグロop.70
バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番
ブラームス:ピアノとクラリネットとチェロのための三重奏曲op.114

日時・場所:
6月3日 19:00開演
兵庫県・養父市立ビバホール

追々詳細を載せていきます♪
[PR]
by kyoyoshi215 | 2006-03-24 01:27 | あいさつ

職権乱用?or 特権?

私がコレペティを務めているウィーンジングアカデミー合唱団はコンツェルトハウスの座付き合唱団なので、練習は年数回程度の例外を除いてコンツェルトハウス内でしています。主に練習用に使われているいわゆる日本で言うところのリハーサル室というのは基本的になくて空いているホールを練習に使わせてくれるので当然響きも素晴らしいし置いていあるピアノが本番用のピアノであることもしばしば。

この2週間はブリテンの「戦争レクイエム」とバッハの「ヨハネ受難曲」のふたつのプロジェクトが同時進行しているのでほとんど毎晩のように練習が入っていてそのうえ日曜午後練習まで・・・。この日はシューベルトザール。ピアノは本番用に2台あるスタインウェイのうちの1台。その晩はホールが予約が入っていないことがわかったので合唱練習後そのまま残って思う存分練習してきました。これってかなりほくほくな特権!ほかのホールでコンサートがあれば9時半すぎくらいまで文句も言われず好きなだけ使える。こんなこと大きな声で言っちゃだめ?・・・ってもう言ってるけど。楽屋にもほぼ全室ベーゼンのグランドピアノが入ってるので普段から時間が中途半端だとどこかに入って練習したりとかしてるし。やっぱり特権かな・・・?

日本じゃぜ~ったい無理そうなお話。そもそもホールがピアニストお抱えしているなんてこと自体がないものね・・・。あくまで貸し小屋の機能ばかり。働く人たちもお役人みたいなかちんこちんの石頭がほとんどだし。その点、この国のかたがた柔軟性があっていいわ~。ま、悪く言えば”いい加減”なんでしょうけど!?

そうそう、本番用スタインウェイといえばもう1台のほうはその翌日(月曜日)あった本番指揮者とのリハーサルの際にモーツァルトザールに鎮座していました。こちらの方がピアノのソロ、またはコンチェルトで使われることが多くてリハーサルでお目見えすることは滅多にないのです。それにしてもこういうことって誰が決めてるのかな。そのときに誰がどこで何のためにどのピアノを使うのかってかなり複雑なパズルになると思うのだけど、わたしはわくわく結構いつも楽しませてもらってます。だって練習用のベーゼンドルファーだってそれぞれ個性豊かないい楽器だし。(もうちょっと大事にしてあげて!って時々思うけど)
[PR]
by kyoyoshi215 | 2006-03-23 09:11 | らくがき

24時間が短く感じる

見かけによらず(見かけどおりと言うひともいますが)のんびり屋です。
ウィーンにいる日常に於いては「24時間」って「思ったとおり24時間ある」
って感じることの方が多い。
これが日本に行ったりすると途端に「24時間ってこんな短いはずはないっ!」ってなる。
それが・・・。このところ24時間がふつうに24時間に感じられない。

絶対的に足りない!
困った・・・。

こんなことブログに書いてるからでしょってつっこまれそうだけど
それも含めての時間感覚ですから。
これを普段だったらは「忙しい」という言葉でくくってしまうのだろうけど、なんだか違う。
結果、寝る時間が減ってます。
[PR]
by kyoyoshi215 | 2006-03-19 19:47 | らくがき

デジカメも反乱・・・(>_<)

そういう連鎖ってあり?
デジカメちゃんもストライキ。
カード読み込まないのね。
20枚近く大切な写真が入っているのに

「画像がありません」

って・・・。
うぅぅ・・・。

最近、生身の人間関係が充実していたからメカちゃんたちが
「すねてる」のかもね。
ま、逆よりいいか・・・。

いっぱい、書きたいことあるのに~!
載せたい写真もあるのに~!

例えばね、

*いとこのクリスティーナと12月に生まれたばかりの次女アリーナちゃん。

*友達の彼女が美術史美術館でガイドさんで最近個人的に親しくなる縁に恵まれ
いつでも好きなテーマを選んでガイドしてくれるっていうからふと思いついて
初めてガイドしてもらったら、彼女、むっちゃ優秀で面白いし何でも知ってるし・・・!
こんな優秀なガイドさん独り占めって・・・どうよ!
あぁ。。。もう毎日でもガイドしてほしい~~~!
・・・って興奮した話とか・・・。書きたいよ~!

*その彼女↑ですが、写真家でもあるのね。友達にお気に入りのカフェを選ばせて
そこでお茶しながらポートレートを撮る。というシリーズに今取り組んでいて
わたしも撮ってくれたの。・・・出来上がり楽しみだし!

この2週間、えらく忙しい。
ということはそれだけいろんなことが起きているってことで
「自分のために」書いていきたいのに・・・・。
うぅぅ・・。
[PR]
by kyoyoshi215 | 2006-03-18 17:48 | らくがき