人気ブログランキング |

ウィーン在住ピアニスト吉澤京子のらくがき帳
by kyoyoshi215
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
About me
ライフログ
モモ&ルナ載ってるよ
ゆる猫びより

5月号で連載終了!
PIANO STYLE (ピアノスタイル Vol.12) リットーミュージック・ムック

兄貴の最新アルバム
JAPAN

Hajime

THE VOYAGE

Echo from Another Side of the Universe

MUSIC FROM THE EDGE OF THE UNIVERSE

マーラー弾いてます。
「それが答えだ!」サントラ・クラシック・ヴァージョン2 マエストロ鳴瀬望~名場面曲集

カテゴリ
全体
らくがき
ねこ
音楽
美味しいもの
街・人・風景(ヨーロッパ)
街・人・風景(日本)
街・人・風景(アジア)
あいさつ
いきもの
病気
未分類
以前の記事
2011年 04月
2011年 03月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
最新のトラックバック
白井晃?
from b-shark.biz
京都観光について
from 年金生活になっても豊かに暮ら..
ウイーンにおける演奏が聴..
from **♪* 今日もいい日 *♪**
お菓子材料 カカオマス
from 簡単料理レシピ【お菓子作りか..
生チョコレート
from 抹茶スイーツ大好き! 【この..
モーツァルトだいすき
from モーツァルトだいすき
シェーンブルン宮殿〔オー..
from ブログで情報収集!Blog-..
ブレヒトとコルンゴルト
from ベルリン中央駅 
kikiちゃん
from +
h a p p y
from m o n o l o g ..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

a0028065_15552100.jpg
母である。
神戸のコンサートに今回の企画を持ちかけるときに私の中で真っ先に決まっていたのはこの「元・女優」をもう一度舞台にひっぱりだすことだった。

女の子はできるだけ早くいいところにお嫁に行くのが一番の幸せだと信じて疑わずその強烈な人格で、長女である母を徹底的に自分の思うとおりの方向へ生きさせようと必死だった祖母。もちろん当時はそういう時代だったのだけど。
そんな祖母に反発して家を出て自分で働きながら大学に通い劇団に入団。
そこで看板女優として活躍する中、父に出逢う。

”私は欲張りだからなんでもしたかったの。女優にもなりたかったし結婚もしたかった。
子供だって欲しかった。”


母はとても好奇心の強い人である。
74歳になった今でも新しいもの、未知のものに対して決して身構えず
どんどん吸収している。
そんな母が実は「器用な人」ではなくとっても「不器用な人」なのだと気が付いたのはかなり最近のことである。
なんでも器用にさらっと出来ちゃう人なのだとず~っと思い込んでいた私は
その発見にかなりの衝撃を受けたのを覚えている。
「・・・ということは、さらっとやっているように見えて実はとんでもない努力がその裏に隠されているっていうわけで・・・。」

3人の子供の子育てと父の仕事の支援のため結局女優活動を断念することを
選んだ母は以前よく「お父さんにだまされた。」と冗談混じりながらも
かなり本気で言っていた。
6年前に父が亡くなって、母がいつも言う「人生の最終章」を歩み始めたころから
この言葉の響き方が変わってきた。

”結局、自分はやりたかったことは全部やってきた。女優もした。結婚して子供も持った。
人生の最終章が始まったときにふと振り返ってみても後悔することは何もない。
こんな幸せなことってあるだろうか。”


40年以上続けてきたフランス刺繍の世界で
母は日々創造の喜びと苦しみの中でもがいている。
女優をやめた母にとって形にできる自己表現のはけ口だったのかもしれない。
朗読の本番が近づきリハーサルに立ち会うため神戸に向かう新幹線の中で
ふと、母が気が付く。

”刺繍の道具を全く持たずに出てきちゃったわぁ”

舞台から離れて久しく、いろんな煩悩や不安に悩んだ末に迎えた本番。
期待通り、いやそれ以上に堂々とその生きざまを見せ付けてくれた。
一舞台人同士として同じ舞台に立てた事で私も少しは母の在る高みに近づけただろうか。
by kyoyoshi215 | 2005-10-09 15:03 | 街・人・風景(日本)